日焼けになる過程から、スキンケアを考える

そろそろ紫外線が気になってくる時期…

気候もよくなってくるので、外でレジャーをすることも多くなってくるこの季節。

前回、紫外線のお話をしましたが、今回は紫外線を浴びることでできるシミのお話をしていきたいと思います。

 

紫外線を浴びると、お肌は日焼けをします。

女性は努めて美白を心がけていますが、ぶり子の考え的に

美白のために外でアクティビティしないのなんて、ナンセンス。

外でいっぱい遊んだら、それだけのケアをしっかりしましょう〜

というのが、ぶり子流の美容論です。

 

日焼けはしてもいい!

でもしたら、ちゃんとケアしましょ!!

 

ということで、日焼けのスキンケアを推奨しています。

『日焼けにはビタミンCなどの美白剤が有効!』

と、一言で言ってしまうとそうなのですが、

まずは『日焼けになる過程』というのを把握しておくと、スキンケアの方法や見方のヒントになります。

これはお肌のトラブル、すべてに当てはまることですが、

今回は日焼けの大元、メラニン』が産生される過程について、見ていきましょう。

 

 

紫外線を浴びると、まずお肌のケラチノサイト(角質細胞)が反応して、プラスミンやプロスタグランジンというメラノサイト活性化因子を産生します。

その指令をメラノサイトメラニン産生細胞)が受け取ると、そこからメラニンの産生がスタートします。

 

まずメラノサイト内にあるチロシンというアミノ酸が、チロシナーゼメラニン生成酵素などの作用によって、ドーパ、ドーパキノンへ変化します。

それらはやがて、メラニンとなってお肌を黒くします。

前回にもお話しした通り、メラニンは産生することで、お肌の深部に紫外線が到達しないように、ガードする役割があります。

ですが、お肌のターンオーバーに異常をきたしたりすると、メラニンがケラチノサイトに留まってしまい、色素が沈着し、シミとなってしまいます。

 

ではメラニンが産生される過程から考えて、美白に対するアプローチは何ができるでしょう?

 

まず、そもそもの紫外線を予防すること。これは日焼け止めなどにあたります。根本要因に対するアプローチですね。

 

それから、メラノサイトを活性化させてしまうメラノサイト活性化因子』の抑制

『活性化しろ〜』というサインがメラノサイトへ伝わらなければ、メラニンは産生されない。

 

それから、チロシナーゼ』の抑制メラニンの赤ちゃんである、チロシンを活性化させてしまう、この酵素が産生されなければ、メラニンは産生されない。

 

最後に、できてしまったメラニン代謝を促進すること。

 

ざっと考えると、これだけのアプローチ方法があります。

『美白に効果的!』

と一言でいっても、メラニンに対するアプローチはこれほどあって、

しかもそれぞれにアプローチするスキンケア成分は、それぞれ全く異なります

 

では、あなたの美白対策、どこのフォーカスしますか?

 

普通に考えて、できてしまったメラニンにアプローチするよりも、

できてしまう前を叩いてしまった方が、断然早いですね。

 

では次回、さまざまにある美白剤の成分について、見ていくことにしましょう。

 

 

 

 

■□■□  過去の関連記事  ■□■□ 

 

brico204.hatenablog.com

 

 

 

■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ケア ■□■□

 

○ホワイトコース

spabrico.com

 

 

 ■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ホームケア ■□■□

 

○MT プロテクトUVジェル

cosme.spabrico.com

 

○ピーチポウ ホワイトエッセンスα

cosme.spabrico.com