紫外線がお肌に与える悪影響

桜もあっという間に散ってしまい、最近では夏日もちらほら…

つい最近、『春がやってきた〜!』なんて言っていたのに、一気に夏の気配さえ感じるようになってきました…。

天気が良い日には、太陽のあのジリジリ感も感じるようになってきましたよね…

気候がよいので、外でレジャーなどを楽しむことも多くなってきたのではないでしょうか?

気温も高くなく低くなく〜なので、長時間外にいても、気持ちが良い…

そうして後で後悔するのが、『日焼け』です。。

外で元気よく遊ぶことは、とっても良いこと!

ですが、紫外線にだけは、ちょっと注意しておきたい…

 

今回は、改めて『紫外線が与える肌への悪影響』をおさらいしておきましょう。

 

紫外線、と聞くと、まずみなさんは『日焼け』『シミ』というワードが頭に浮かぶことと思います。

紫外線はお肌に存在するメラノサイトを刺激して、日焼けやシミの原因となるメラニンを産生させます。

肌の白さこそ美しさ、とされる日本…

日焼け止めや日傘、帽子や手袋などで、予防している方も多いですね。

 

ところが、紫外線はただ、メラニンだけの問題ではないのです。

 

実は、色黒になるよりも恐ろしい話…。

肌細胞そのものにダメージを与えてしまうことで、肌老化を促してしまいます

具体的には、シミはもちろん、コラーゲンが変性してしまうことでの肌弾力の低下、シワ、たるみなどです。

肌の老化は、基本的に年齢が原因であるのは2割程度

残りの8割の原因は、紫外線によるものだと言われています。

 

実は、日焼け(色が黒くなること)は紫外線からお肌を守る、一種の防御反応でもあるのです。

紫外線には大きく分けて2種類あり、そのうちのUV-Bは表皮を刺激してメラニンを産生させ、日焼け(色が黒く)になります。

もうひとつの紫外線は、UV-A

こちらはUV-Bよりも深いところまで浸透してしまう紫外線です。

表皮のさらに真相、真皮にまで到達するUV-A

真皮層にはお肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチンが存在するだけではなく、

肌細胞の赤ちゃんを作る細胞も存在している層。

そこに紫外線が到達したら、どうなるか…

容易に想像がつくことでしょう。

 

実は、このUV-Aが真皮に到達しないように産生されるのがメラニン

そう、日焼けはもっと奥深くの真皮が日焼けしないように、ガードするためのものなのです。

 

お肌にメラニンを産生させる能力がない人種を白人、逆に多い人種を黒人、その中間が黄色人種…とカテゴリされます。

上記の説明を受けるとイメージがつくかと思いますが、肌老化や皮膚ガンが多いのは、圧倒的に白人です。

黒人は年を取ってもお肌がプリッとしているイメージですよね。

ですので、日光を浴びて黒くなる人は、まだUVに対しての抵抗力が備わっていますが、

日光を浴びても黒くならずに赤くなるだけの人は、要注意!

しっかり紫外線対策に備えてください。

 

こんなところで、今回は終了…

まずは紫外線に対する、基本的な知識のご紹介でした。

 

 

 

■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ケア ■□■□

 

○ホワイトコース

spabrico.com

 

 

 ■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ホームケア ■□■□

 

○MT プロテクトUVジェル

cosme.spabrico.com

 

○ピーチポウ ホワイトエッセンスα

cosme.spabrico.com