どうして美容鍼灸は美肌に効果的なのか?

数年前と比較して、『美容』鍼灸 という言葉を巷でよく聞くようになりました。

私が鍼灸学生だった頃、鍼灸といえば『治療』というものでしたので、そもそも『美容鍼灸』というようなジャンルは存在しませんでした。

『美容に絡めた鍼灸をしたい』と思っても、なかなか直結した勉強方法もありませんでしたから、今はとても学びやすい環境になっていていいなぁ、とさえ思います。

 

当時、『肌を美しくしたい』と思うと、それが叶えられるのは大きく分けてエステ』『美容皮膚科』どちらかの選択肢しかありませんでした。

ですが、現在ではその選択肢の中に、『美容鍼灸も加えることができるのではないか、と思います。

 

最近になって世の中から注目を浴びるようになった、美容鍼灸

まだその歴史が浅いだけに、美容鍼灸がどのような効果を表すのか、まだ未知な方も多いのではないでしょうか。

今回は、『美容鍼灸とは一体どんなものなのか』といった点について、お話ししていきたいと思います。

 

先ほど、美容鍼灸は『まだ歴史が浅い』と言いましたが、もっと大きなくくりで見ると一番古いものです。

鍼灸は、西洋医学が発達する前から存在した、東洋医学です。杉田玄白が解体新書を書く前からずっと、受け継がれてきた医療です。

その医療という立ち位置であった鍼灸が、『美容』として活用されるようになったのも、実は治療の延長からであったようです。

鍼灸は、顔面神経麻痺の治療としてたびたび用いられます。

その名の通り顔面に鍼を刺して治療するのですが、その効果の副作用として、整肌作用が認められたようなのですね。

要するに、『顔面神経の治療をしたら、お肌が綺麗になった!』というわけです。

そこから、美容目的でもお顔に鍼を施すようになったそう。

 

顔面神経麻痺の治療をするくらいですから、お顔のツボに鍼を刺すことで、顔面神経を刺激します。

顔面神経は、数ある細かなお顔の筋肉をそれぞれ支配しています。ですので、結果としてそれらの筋肉を刺激することが可能です。

また、鍼を刺すことで血流が増進自然治癒力を高め、代謝が促進されます。

さらには鍼を刺したことでできた、傷の修復過程でコラーゲンの生成を促すことができます。

創傷治癒といえども、鍼を刺した後は目には見えませんので、ご安心を。

 

このように、お顔に施す鍼灸は、さまざまな嬉しい効果をもたらしてくれます。

年齢を重ねることで生じる肌老化、ストレスや不規則な生活習慣から生じる肌トラブルなど、代謝異常というお肌のコンディションの根本的な原因の部分に働きかけてくれる、美容鍼灸

化粧品やエステだけでは、なかなか効果を実感できない方、まだ美容皮膚科にまでお世話になりたくない、という方…。

是非、美容の選択肢のひとつに、『美容鍼灸』も加えてみてはいかがでしょうか?