どうして美容鍼灸は美肌に効果的なのか?

数年前と比較して、『美容』鍼灸 という言葉を巷でよく聞くようになりました。

私が鍼灸学生だった頃、鍼灸といえば『治療』というものでしたので、そもそも『美容鍼灸』というようなジャンルは存在しませんでした。

『美容に絡めた鍼灸をしたい』と思っても、なかなか直結した勉強方法もありませんでしたから、今はとても学びやすい環境になっていていいなぁ、とさえ思います。

 

当時、『肌を美しくしたい』と思うと、それが叶えられるのは大きく分けてエステ』『美容皮膚科』どちらかの選択肢しかありませんでした。

ですが、現在ではその選択肢の中に、『美容鍼灸も加えることができるのではないか、と思います。

 

最近になって世の中から注目を浴びるようになった、美容鍼灸

まだその歴史が浅いだけに、美容鍼灸がどのような効果を表すのか、まだ未知な方も多いのではないでしょうか。

今回は、『美容鍼灸とは一体どんなものなのか』といった点について、お話ししていきたいと思います。

 

先ほど、美容鍼灸は『まだ歴史が浅い』と言いましたが、もっと大きなくくりで見ると一番古いものです。

鍼灸は、西洋医学が発達する前から存在した、東洋医学です。杉田玄白が解体新書を書く前からずっと、受け継がれてきた医療です。

その医療という立ち位置であった鍼灸が、『美容』として活用されるようになったのも、実は治療の延長からであったようです。

鍼灸は、顔面神経麻痺の治療としてたびたび用いられます。

その名の通り顔面に鍼を刺して治療するのですが、その効果の副作用として、整肌作用が認められたようなのですね。

要するに、『顔面神経の治療をしたら、お肌が綺麗になった!』というわけです。

そこから、美容目的でもお顔に鍼を施すようになったそう。

 

顔面神経麻痺の治療をするくらいですから、お顔のツボに鍼を刺すことで、顔面神経を刺激します。

顔面神経は、数ある細かなお顔の筋肉をそれぞれ支配しています。ですので、結果としてそれらの筋肉を刺激することが可能です。

また、鍼を刺すことで血流が増進自然治癒力を高め、代謝が促進されます。

さらには鍼を刺したことでできた、傷の修復過程でコラーゲンの生成を促すことができます。

創傷治癒といえども、鍼を刺した後は目には見えませんので、ご安心を。

 

このように、お顔に施す鍼灸は、さまざまな嬉しい効果をもたらしてくれます。

年齢を重ねることで生じる肌老化、ストレスや不規則な生活習慣から生じる肌トラブルなど、代謝異常というお肌のコンディションの根本的な原因の部分に働きかけてくれる、美容鍼灸

化粧品やエステだけでは、なかなか効果を実感できない方、まだ美容皮膚科にまでお世話になりたくない、という方…。

是非、美容の選択肢のひとつに、『美容鍼灸』も加えてみてはいかがでしょうか?

【にきび】にきびってどうしてできてしまうの?

お肌のトラブルはさまざまにありますが、今月は『にきび』について考えていきたいと思います。

 

にきびというと、『若い頃にできるもの』『思春期にできるもの』というイメージが強いかと思います。

 

ところが、年齢関係なく、大人になっても『にきび』になやんでいる人も多い事実…

 

(あっ、よく年齢で『若い頃にできるものを【にきび】、大人になってからできるものを【吹き出物】と言わなくてはいけない、というような風潮があるようですが、私は基本的に一律して【にきび】と呼んでいるので悪しからず…。。)

 

では、どのようにしてにきびができてしまうのか、そこからまずご説明していきましょう。




私たちのお肌は、みなさんご存知の通り代謝を繰り返しています。

 

このお肌の代謝のことを、お肌のターンオーバーと呼んでいます。

 

ターンオーバーは28日を周期。

 

新しく生まれた肌細胞は、28日後には垢となって、その使命を終えます。



一言で言えば、このターンオーバーのサイクルが乱れることで、にきびができてしまいます。

 

毛穴には皮脂腺が存在しており、お肌の保護や保湿のために皮脂を皮膚表面に分泌しています。

 

もし、ターンオーバーが悪くなってしまうと…

 

本来剥がれ落ちていくはずの角質が肥厚し、毛穴を閉じさせてしまいます。

 

そうすると、分泌した皮脂の行き場がなくなり、毛穴の中に溜まってしまう…

 

こうして、にきびが形成されてしまうわけです。



にきびにも様々な種類のものが存在します。

 

毛穴の中で皮脂が溜まってしまっているだけのものを、白ニキビ

 

白ニキビの状態でアクネ菌などのにきびの原因菌により、炎症が起こってしまったものを、赤ニキビ

 

にきびの原因菌と白血球が戦い、その残骸となった膿が溜まったものを、黄ニキビ

 

にきびまでにならなくても、皮脂が毛穴の出口で固まってできてしまうコメド(角栓)というものもあります。

 

このコメドが形成されることで、その後、大きなにきびに発展してしまうことも…。



このように、状態によってにきびにはいろいろなものがあるんです。

 

人によって、できやすいにきびが異なるのも事実…。。

 

そして大きくなればなるほど、治りにくくなってしまう…



本当ににきびって、厄介なやつなんですよね。。

やっぱり続けることが大事

こんにちは、ぶりこです。

…なんとか3日目!

三日坊主クリアにリーチかかりました。

 

今日もちょっと、自論の美容について語ります。

 

美容の代名詞といってもいいものとして、ダイエットがあげられるかと思います。

私は体質的に、ぽっちゃりタイプ。

定期的に運動をしないと、すぐに太ってしまう…

 

かつて昔、高校生の頃にはバスケットボール部に所属して、

日々ガッツリ運動をしていたわけですが、

それでもぽっちゃり。

 

『こんなに運動しているのに、なんでこんなに太っているんだ!?』

 

と自問自答し、いろんなダイエット法を試した結果…

コツコツと有酸素運動を毎日する、っていうのが一番効いた!

毎日30分以上走るようにして、食生活もカロリーコントロールして、

1日のエネルギー摂取量よりも、活動量のが多くするようにした。

脂肪を1g燃やすのに9キロカロリー…

と考えると、物理的に非常に先が遠くなる話ではあったけど、、

 

コツコツコツコツコツコツ…

 

走ったら、ちゃんと痩せたのです!!

 

(半年はかかったかな?

でも、それからは当たり前のように毎日走って、

結果、数年続いた…のです。)

 

やっぱり急激に痩せることはできないし、定着しない。

それに、健康にもよくない。

時間はかかるけど、やっぱり続けることに勝るものはないな〜

って、思った一件でした。

 

なんでもそうだと思うんだけど、変わりたかったら

『続けること、習慣化させること』

っていうのさえクリアすれば、大概なんでも叶うと思っているのです。

 

だからスキンケアも、頑張って続けて習慣化して頂きたいな〜

 

と思うのです。

 

 

 

ぶりこ

 

 

 

 

美容とはなにか

こんにちは、ぶり子です。

今日はぶり子の美容論について、語ってみようと思います。

 

世間一般的に、なぜか『美容』というと、

色で例えると、パステルカラーのような、

とってもキラキラしたような、

時としてギラギラしたような、

そんなイメージがあるのは、ぶり子だけでしょうか?

 

美しくあることは、女性として大事なことだとは思うのだけれど、

なんだか、知らないうちに過剰傾向になってしまいやすいものな気がする。

 

美しくあるために、自分を偽らなくてはいけないのか?

いつまでも若くあるために、お日様を浴びることさえも避けてしまうの?

 

それはぶり子的に、なんかちょっと違う気がするのです。

 

自分の本来の美しさを、引き出すもの。

アクティブに活動する人の、ケアをするもの。

 

私の中の『美容』というものは、

そういうものだと思っています。

 

 

その人が持っている、元からの美しさ。

頑張りすぎちゃった人の、ダメージケア。

 

ぶり子が目指す美容は、

その人のポテンシャルを引き出すような、

そんなちょっと体育会系のような、

そんな美容なんですよね。

 

 

2018年の抱負

こんにちは、ぶりこです。

 

あっという間に2018年になりました。

年も明けてしまえば、ふわふわした年末年始感はいずこ〜?というくらいに、当たり前の日常がやってくるものですね〜

すっかりいつも通りな毎日に戻ったわけですが、やっぱり新年明けると、なんだか新しいことがしたくなる、、

 

ということで、今年はブログでも書いてみようかな〜と思います。

お店も6年目、鍼灸師(セラピスト)として約10年…

ここまでくると、美容や健康に関しての自論も語れるようになってくるw

 

というわけで、写真ナシの、ただ文章を書きなぐるだけの我流美容ブログを書いてみようと思います。

目標は、毎日1ブログ!!

 

あっ。

美容でも、ちょっと体育会系な美容ブログになるかと思います…w

そして、あくまで『自論』なので、ご意見等は受け付けませんので、悪しからずw

 

何卒よろしくお願いいたします!

 

 

ぶりこ