どうしてビタミンCが美白に効果的なのか

前回、紫外線を浴びたあとに起こる、メラニン産生の過程についてお話ししました。

今回は、そのメラニンの産生にアプローチしていく、お化粧品の成分についてみていくことにしましょう。

今回は、美白の王道『ビタミンC』です。

 

 

美白の王道、ビタミンC

 

美白といえば、ビタミンC。

もう当たり前すぎて、『もっと新しい、いい成分があるのでは?』とも思ってしまうくらい、若干の『飽き』も感じるような成分かもしれません。

ですが、ビタミンCは、安定の美白剤です。

 

f:id:Brico204:20190626192806j:plain

 

 

メラニンができる過程とビタミンCの関係

 

チロシナーゼの産生を抑制

 

メラニンは、メラノサイトメラニンを産生する工場の細胞)にある、チロシンというアミノ酸が、チロシナーゼという酵素を受けることで、メラニンの産生がスタートします。

実はビタミンCには、このチロシナーゼの産生を抑制する効果があるのです。

チロシナーゼが『メラニンを作るぞ〜』というスイッチを入れるようなものですから、この酵素が作られなければ、メラニンは作られません。

というわけで、メラニンの産生過程をストップすることができるというわけです。

 

 

産生された黒色メラニンを還元

 

それから、ビタミンCはできてしまったメラニンを還元する働きもあります。

メラニン黒色メラニン白色メラニンの2種類があります。

一般的にメラニンというと、黒いイメージがあるので白色のメラニンがあるとは意外かもしれません。

日焼けは主に黒色メラニンが産生されることによって、『肌の色が黒くなった』と可視化されるわけですが、ビタミンCには、この黒色メラニンを白色メラニンに還元する役割もあるのです。

ようするに、メラニンの産生を抑制するだけではなく、できてしまったメラニンにもアプローチすることができるのです。

 

f:id:Brico204:20190705174212j:plain

 

 

その他にも万能なビタミンCの美肌効果

 

メラニン色素だけではなく、ビタミンCには、コラーゲンの生成を促したり、ニキビ毛穴にも効果的。

もともとニキビができやすいので、私はビタミンCの美容液だけは手放さずに長年やってきております。

最近では、外でのレジャーが趣味でもあり、ますます手放せなくなりました。。

長年使ってきたせいか、日焼け後のダメージや定着が少ないように思います。

ランニングやゴルフなど、紫外線をよく浴びるようなスポーツがご趣味の方には、是非ぜひ、取り入れていただきたい美容成分です…!

 

f:id:Brico204:20190705174232j:plain

 

さいごに

 

…というわけで、ビタミンC愛好家のぶり子から、まずはビタミンCの効果についてのお話でした…。

いくらメラニンに効果的だといっても、急になくなるわけではありません。

日々のコツコツとしたケアが重要です。

サロンでのオプションコースで使用しているビタミンC美容液は、店頭でも販売しております。

ご興味があります方は、ぜひお声がけくださいませ。

お化粧品だけのご購入も可能です。

(私も同じものを毎日使っております!)

 

 

その他にも注目したい成分がありますので、順次ご紹介いたしますね。

 

 

 

 

■□■□  過去の関連記事  ■□■□ 

 

 

brico204.hatenablog.com

 

 

brico204.hatenablog.com

 

 

 

■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ケア ■□■□

 

○ホワイトコース

spabrico.com

 

 

 ■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ホームケア ■□■□

 

○MT プロテクトUVジェル

cosme.spabrico.com


 

○ピーチポウ ホワイトクリアC

cosme.spabrico.com

 

【五臓と舌】舌の診方のポイント

お顔のパーツの中でも、特に体の調子を如実に表している部分があります。

それが、舌です。

他のどのパーツをみるよりも、舌はわかりやすい。

東洋医学では、症状を診る際に、さまざまな診断方法を使用します。

その中でも、『舌診』といって、舌の状態を見る診察法は、中でも特に重要視されている診断方法です。

口は、胃腸の入り口です。

消化器官は、口から全て一続きになっている管。

体の内部で起こっている不調も、同じく口に起こってくる。

ようするに、体の内部の情報を舌から伺い知ることができるのです。

 

 

f:id:Brico204:20190720184529j:plain





 

舌からわかる、健康状態

 

では、舌から何を知ることができるのでしょう?

それが、意外や意外。かなりの情報を知ることができます。

血液の質やその循環の善し悪し、また体内の水分量体力内臓の状態など。

また、単純に舌の大きさは、体の大きさや充実度に比例します。

舌が大きくて厚い人は、体も充実しており、体力もある

逆に小さくて薄い人は、痩せ型で、虚弱体質傾向にあります。

口の大きさも、食欲に比例するといいますよね。



舌を診るポイント

 正常な舌とは

 

舌シリーズの初回は、舌を診るポイントについて、ご紹介していきましょう。

まず、比較対象となる、健康な状態の舌はどのようなものでしょうか。

 

正常な舌は淡い紅色で、表面全体に薄い白い苔が付いている状態。

舌の苔は口臭の原因だと言われていますが、薄い白い苔はむしろ正常な状態です。

苔が薄い厚いの感覚は、はじめはイメージが付きにくいと思いますが、割とわかりやすく違うので理解できると思います。

さて、これを頭に入れて、舌を診ていくポイントをご紹介していきます。



舌の形

 

まず、舌の形です。

舌の輪郭は、すっきり綺麗な形がみえているでしょうか?

異常な状態として、舌に歯の跡がついてぼこぼこしていたり、亀裂がはいっていたりすることがあります。

この舌の形の異常は、体の水分状態を反映しています。

 

 

舌の動き

 

それから、舌の動き方です。

健康な舌は、『あっかんべー』が問題なくできます。

舌が左右どちらかに曲がっていたり舌が震えていたりしませんか?

その場合は、体の異常のサインのひとつであります。



舌の色

 

舌の色はどうでしょうか?

健康な舌は、薄い紅色をしています。

赤過ぎたり、白っぽかったり、紫色をしていたりしませんか?

舌の色では、血の状態や流れなどを伺うことができます。



舌の苔

 

あと、大事なポイントとして、舌の苔。

苔の色と厚さは、非常に重要なキーワードのひとつです。

舌の苔は、胃腸の調子体が冷えているのか、があるのか、といったことを教えてくれます。



舌は体調管理のキーワード

 

歯はしっかり磨いていても、あまり舌をよく観察することなど、なかったのではないでしょうか?

私も鍼灸を学ぶまでは、そこまで舌を意識したことはありませんでした。

ですが、歯磨きのついでに毎日診るようになると、わかってくるものです。

自分の健康な時の舌、風邪を引いた時の舌、生理前の舌、食べ過ぎた時の舌…。

舌の診方がわかってくると、自分の健康管理の参考にもなります。

 

次回から、その舌の状態が表す体のサインについて、お話ししていきます。

ぜひご自身の舌と比較しながら、読んでみてください。



f:id:Brico204:20190720182052j:plain

 

 

 

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

 

 

梅雨時期に体調が崩れやすい方のタイプとは?

f:id:Brico204:20190712114622j:plain

 

なかなかしぶとい梅雨…

今年の梅雨は、本当に『太陽ってどんなんだっけ?』って忘れてしまいそうな、そんなお天気…。

海の日前後にはいつも梅雨明けしていたけれど、まだまだ今年は続きそう…。

もはや、セミは鳴くのであろうか…??

 

どちらかといえば、お天気能天気ガールの私ですので、こうも雨が続くと本当に参ってしまう…

学生の頃からそうだった、梅雨の時期は格段に体調が悪くなる。

生理前も眠くて眠くて仕方ないのに、梅雨と相まってしまうと、もはや常に眠い。

授業なんて、一日中寝ていたくらい。。

 

それも、もう10年以上前の話。

10年も経つと体質も変わり、梅雨時期にはまた違う体調不良も感じるようになってきた…。。

最近は、頭痛と首肩こり、かなりきます…

こんな時に何かしら処置ができる、鍼灸師であって本当によかったなぁ…と。

(自分に刺す首肩周りって、うまくヒットしないのだけれど、、泣)

 

自分のことでかなり前置きが長くなってしまったのですが、この時期、体の不調を訴える方、かなり多いのではないでしょうか?

どうしてこのような体調不良を訴える方が多くなるのか、それはその人の体質や生活環境によって現れてきたりします。

今回は、そんなお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

梅雨の時期、体調が悪くなる人のタイプ

 

 

f:id:Brico204:20190712115952j:plain

 

いつも高いストレス環境に晒されている人

 

いつも仕事が忙しかったり、いろいろなストレスを抱えていたりする人は、常に交感神経がアクティブになっている状態です。

交感神経とは、自律神経のひとつで、体にエンジンをかけているような、戦闘体制であったりする時に働く神経です。

交感神経が優位の時には、全身の血管は収縮します。

心拍数も上がり、血圧も上がっている状態です。

常にその状態にある人が、梅雨の時期、低気圧に晒されるとどうなるか?

気圧はご存知の通り、大気のプレッシャー(圧力)です。

低気圧だと、体にかかる圧力が低くなる

要は体を膨張させようとする=血管は無理やり拡張傾向へ。

そうすると、いつも交感神経でコントロールしていた体へのプレッシャーが、いつもの塩梅では効かなくなり、ここで自律神経がビックリを起こす。

結果、頭痛や首肩こり、背部痛や眠気などの不定愁訴が発現する、というわけ。

普段、交感神経優位の人は、高気圧が優勢になる夏のが体調がよいのでは?

要するに、自律神経の乱れから起こる不調です。




 

f:id:Brico204:20190712120009j:plain

 

体内リズムの乱れ 

 

『体内時計』という言葉は、どなたも聞いたことがあると思います。

毎日24時間、目覚めて活動をし、眠る。というサイクルは、体の中に備わっている体内時計によるもの。

規則正しく、毎日一定のリズムで生活をすることは、健康の基本。

朝も毎日同じ時間に目覚ましをかけていると、目覚ましがなくても起きられるようになるのは、この体内時計によるもののひとつ。

体内時計は反復の習慣だけによって形成されるのではなく、脳から分泌されるホルモンによってコントロールされています

そのホルモンとは、睡眠を誘発する『メラトニン

脳の松果体という部分から分泌されるこのホルモンは、主に日光によってコントロールされています。

目から日光を感受すると、メラトニンの分泌が止まり、私たちの体は『活動』にスイッチONとなる。

そして目覚めて14〜16時間後にまたメラトニンは分泌され始め、体は『活動』スイッチが次第にOFFとなり、『休息』スイッチがONになっていきます。

そう、このメラトニンの分泌調節の鍵は、『光』

光を感受することで、その分泌はストップして、体が活動へ向かうのですが、この梅雨時期のようにしっかりと朝日を感じられないと、体内時計も乱れがちになってしまいます。




 

f:id:Brico204:20190712120027j:plain

 

体に『湿』が溜まり気味な体質の人

 

東洋医学では、症状で診るのではなく、体質から診て治療をしていきます

梅雨が苦手な方の多くは、体に『湿』が貯留している方に多くみられます。

『湿』を現代のわかりやすい言葉で表すと、『むくみ』

胃腸の消化不良、暴飲暴食、甘いものの食べ過ぎなどが原因で、体に水分が溜まってしまっている状態です。

もともと体に水分が溜まっている状態なので、梅雨で湿気の多い時期になるとさらに症状が増して、体が辛くなってしまう傾向にあります。

湿の体質でも厳密に言うといろいろな状態がありますが、多くの場合軽い運動などをして、汗をかくと体が楽になることが多いです。

また、食生活を見直すことは基本中の基本!

 

 

 

さいごにひとこと

 

気圧や日光など、自然のことなので、なかなか自分ではコントロールできない部分もある、梅雨時期の体調不良…。

私たちも動物、地球で生かされていることを実感しますよね。

まずできることと言えば、自分なりのケアを見つけること。

頭痛や肩こりなどの痛みは、鍼灸も得意分野

鍼灸自律神経を整える効果もあります。

乱れた自律神経をひとまず正して、今ある不調をリセットさせてあげましょう。

自律神経を整える方法は、そのほかにもたくさんあります。

ヨガ瞑想なども、自分でできる手軽なケアでオススメです。

 

軽い運動をすることで、適度な疲労感がよい睡眠を促します

なかなか外が雨で難しいかもしれません、そのような時は、半身浴などで軽く汗をかくと良いでしょう。



7月ももうすぐ半ばにさしかかってきます。

なんだかんだ、あと1、2週間で梅雨明けになるのではないでしょうか?

止まない雨はない…

あと少し、、不快な天候を乗り越えていきましょう…!!



 

 

【spa Bricoでできる、おすすめのケア】

spabrico.com

 

 

【7月、平日割キャンペーン中!】

spabrico.com

【五臓と口】口周りのトラブル

            

f:id:Brico204:20190621155237j:plain

 

口は、言葉を話して他人とコミュニケーションをとったり、食べ物を体内に取り込む為に必要な消化器官の入り口の役割があります。

どちらも生きていく上で非常に重要なはたらきですね。

ですが、この口からも喋ったり食べたりする以外に、いろいろな体調の情報を読み取ることができます。

今回からは口からわかる、五臓の調子についてお話ししていきたいと思います。

 

 

contents

 

 

口周りに起こりやすいトラブルとは?

 

口周りのトラブル、思い起こすと結構思いつく方も多いのではないでしょうか?

食べたり喋ったりするときに痛みがあるものや、女性は口元のメーキャップとして、口紅やリップグロスをしますので、その際に口元のトラブルに気付くこともあるでしょう。

 

基本的に、口元に現れるトラブルは、胃腸の調子をそのままダイレクトに表しています。

口は胃腸に繋がる入り口です。

その胃腸に何らかのトラブルがあると、口の中や周りにも変化が現れてきます。

具体的に例を挙げていきましょう。




胃が荒れているサイン:口角炎

 

口角炎って、ふとしたときにできますよね。

そして、なかなか痛くて治りづらい…。

この口角炎は、正に胃腸の不調を表しています。

どう不調なのかと言うと、胃腸がオーバーヒートしているような状態ですね。ようは食べ過ぎです。

東洋医学で考えると、炎症は基本的にを伴います。

気を補う為に飲食からの栄気は重要なエネルギー源ですが、食べ過ぎとなるとこれは問題です。

外食が続いたり、暴飲暴食をしていたり、辛いものを食べ過ぎたりしていませんか?

胃腸に負担がかかると熱がこもり、それが口まで上がってきて口角炎として『胃がオーバーヒートだよ!』と教えてくれているわけです。

 

現代医学的に考えると、皮膚の状態が弱くなっていたり、傷がついたところから感染が起こり、炎症が生じることで起ると言われています。

口角炎の原因の一つに、ビタミン不足も挙げられます。(B2,6)

もともとの摂取不足はもちろん、胃腸障害があったり、アルコールの飲み過ぎなどで胃からのビタミンの吸収が衰えることも原因となります。

 

胃腸が悪い=口角炎、という東洋医学の先見にあっぱれです。


 

甘いもの脂っこいものの食べ過ぎ:口周りのにきび

 

にきびでも口周りにできるものは、胃腸のトラブルを考えます。

口角炎と異なるのは、ニキビの場合は胃に湿が溜まっている場合に起こります。

口角炎の場合は、水分をも蒸発させてしまうような熱のため、切れたりなどの乾燥した炎症を伴います。

ニキビの場合は、内容物が脂ですから、胃に湿邪があると考えます。

湿邪とは、わかりやすく言うと水分の停滞、むくみです。

そこに熱が加わることで、ニキビのような炎症を伴ったスキントラブルが生じます。

 

原因としては口角炎同様に、食べ過ぎによる胃腸のトラブルが挙げられますが、この場合は甘いものや脂っこいものなど、湿の性格を持つ食べ物を食べ過ぎた場合に起ることが多いです。



 

ストレスや疲れから:唇の乾燥

 

唇は、体外に突出している消化器粘膜の一部。

胃粘膜から食道粘膜、口腔粘膜と続き、それは唇へと繋がっています。

そう考えると、唇の不調も胃腸内部の調子を表していると考えるのは容易なことでしょう。

唇の乾燥は、口角炎と同じく体内に熱があることを表します。

口角炎と異なり、まだ炎症を伴っていない状態ですので、同じ熱でも唇の乾燥の場合は、まだそこまで重篤なものではないと考えます。

 

五臓と六腑は表裏の関係にあり、五臓は表、六腑は裏と考えています。

五臓の脾と六腑の胃は表裏の関係にあり、それぞれが助け合って口から摂取された食物を吸収、エネルギーを産生しています。

そこで万が一脾胃に失調が生じた場合は、まずは表にある脾が調子が悪くなり、最終的に裏にある胃が調子が悪くなる。

何が言いたいかと言うと、唇の乾燥は、まだ失調が胃まで到達していない、脾での失調であるということ。

脾にある冷やすエネルギーである陰気が何らかの原因で弱まり、相対的に熱エネルギーが旺盛になって、唇の乾燥を生じているケースが考えられます。

この場合は、ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足などの体への無理がたたって生じていることが多いです。




 

口周りのトラブルの改善方法は?

 

同じような口周りのトラブルでも、その原因となっているものが全く異なります。

まずはそれぞれが原因となっている生活習慣を正すことを先決とします。



        f:id:Brico204:20190621145131j:plain

 

 

口角炎:胃の熱を冷ましましょう

 

まずは、食生活を見直してみましょう

食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしていませんか?

辛いものを食べ過ぎたりしていませんか?

食事の内容や量を、今一度見直してみましょう。

また、食事の際にはゆっくりたくさん噛むようにしましょう。

それだけで胃の消化への負担を減らすことができます。

 

ビタミンB2、6の摂取も心がけるとよいでしょう。

食べ物からですと、鶏肉や豚、レバー、かつお、うなぎ、ほうれん草などから摂取できます。

 

食養生的には、大根やナス胃の熱を和らげます。

特に大根消化不良を解消する働きが強いのでオススメです。

現代の研究からも、大根にはさまざまな消化酵素を含んでおり、胃腸の働きを整える作用があるそうです。



 

口周りのにきび:まずは食生活を見直して

 

こちらもまずは、食生活から見直してみましょう

食べ過ぎを正すのはもちろん、特に脂っこいものや甘いものの過食は控えましょう。

身体に湿が溜まっている状態ですので、積極的に運動をして汗をかいて水分の滞りも解消させていきましょう。

 

食養生としては、何かを食べると言うよりは食べ過ぎているものをやめることが先決です。

この場合のケースは、チョコレートやナッツ類、スナック菓子、揚げ物などを食べ過ぎている場合が多いです。

胃が疲れていると感じるならば、口角炎同様に胃熱を鎮める大根がオススメです。

様々な食事に合う大根おろしを積極的に摂ると良いでしょう。



 

唇の乾燥:リップケアと疲労回復を

 

まずはリップクリームなどで保護保湿を

女性は唇が荒れていたら台無し…!(今や男性もガサガサの唇ではモテませんね笑)

外気などにも左右されやすいので、リップクリームは年中こまめにつける癖をつけると良いでしょう。

私(ぶり子)もリップは欠かしません。

いつも持ち歩くバッグ、家、店のデスク、いつでもどこでも手に届くところに置いています。

夜用のリップも。

こちら、spa Bricoにも置いてあります。(オススメです!)

 

brico204.hatenablog.com

 

 

こちらのケースは、ストレスや疲労からきていることが多いです。

仕事や家事など、忙しくて体がヒートアップしてしまったりしていませんか?

まずはリラックスする時間を意識的に設けるようにしましょう。

 

食べ物としては、びわがオススメです。

食養生としてのびわは、皮膚や粘膜を潤す作用があり、また胃の機能を回復させる作用もあります。

陰虚の症状として微熱やほてりがありますが、びわはこの熱を冷ます涼性の食べ物に属されます。

これから暑気あたりになりやすい時期ですが、びわはこの時期にもってこいの果物といえるでしょう。

 

 

 

さいごに

 

仲の良い仲間と素敵な時間を過ごすには、美味しい食事やお酒が不可欠!

ですが、あまりにも暴飲暴食となると、胃腸の不調に容易に繋がります。

口周りにトラブルが現れる前に、まずは日頃から食べ過ぎ飲み過ぎに注意し、適度な運動でストレスを発散し、しっかりと睡眠をとって、自分の体のコンディションを整えておくことが何よりの予防策でしょう。

 

f:id:Brico204:20190621150311j:plain



 

 

 

【 胃腸のトラブル、口周りのニキビ等のお悩みはこちら… 】

spabrico.com

 

 

 

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

 

【五臓と目】ドライアイ

                                       f:id:Brico204:20190612153133j:plain

 

パソコンやスマートフォンを使うことが当たり前となった最近。

仕事でも趣味でも、ブルーライトとは無縁の生活を送ることが難しい世の中になりました。。

便利になった代償として、ドライアイに悩まされている人は多いのではないでしょうか?

 

 

 

ドライアイの症状とは?

 

目は粘膜でできています。本来であれば、適度な潤いがあるのですが、目を酷使することで水分が不足し、目がかすんだりしょぼしょぼしたりなどの症状が現れます。

こういった目の不調をドライアイといいます。

人間の生理的な動作として、目は一定の間隔で瞬きをするものです。

瞬きをすることで、涙腺が刺激されて目の潤いを保つことができるのですが、画面を凝視し熱中してしまうと、瞬きをすることを忘れてしまうのですよね。

その結果、眼球が乾いてドライアイになってしまう、というわけです。

 

目の水分不足ということで、眼科では点眼薬を処方されるでしょう。

ですが、点眼薬だけではなかなか症状が改善しない人も多いのが事実。

実は、ドライアイの根本的な原因は、パソコンやスマートフォンのせいだけだとは言い切れないのです。



 

東洋医学で考えるドライアイ

 

 東洋医学的な思想で考えると、目は五臓肝血によって養われています。

この肝が不調を起こしていると、それが目の不調として現れてくるのですが、ドライアイの場合の肝の不調は、大きく3つに分けることができます。



肝血の不足が原因のドライアイ

 

まず一つ目に、肝血の不足が原因の場合。

肝では血を蔵しているわけですが、この血が不足することでドライアイが生じます。

女性の場合、月経血が少なくなったり、顔色や唇の色が薄い、不眠や手足のしびれなどの症状がある場合、肝血虚のドライアイを疑います。

女性の場合、毎月の月経があるので、男性と比較しても血虚になりやすい傾向があります。

また、脾胃から十分な栄養が吸収できなかったり、大怪我などで大量の出血があった場合にも、血虚になります。

ドライアイと合わせて、かすみ目やまぶたの痙攣なども、症状として出ることがあります。



陰虚によるドライアイ

 

二つ目に、陰虚によるドライアイ。

体は、温めるエネルギーと冷やすエネルギーが上手な均衡を保って、適度な体温を調整しています。

陰虚とは、冷やすエネルギーが不足していることで、相対的に熱エネルギーの割合が多くなっている状態のことをいいます。

陰虚の症状として代表的なものは、のぼせやほてり、夜に手足がほてったり、寝汗が多く、寝つきが悪いなどの症状があります。

ストレスや辛いものなどの食べ過ぎが原因として考えられます。

 

 

肝火上亢が原因のドライアイ

 

三つ目は、肝火が上亢していることが原因のドライアイ。

肝火上亢とは、肝がオーバーヒートしてしまっているタイプです。

陰虚の場合は、冷やすエネルギーが不足することで相対的に生じている熱でしたが、肝火上亢タイプは、温めるエネルギーが過剰になって生じている熱です。

このタイプは、とにかくストレス過多が原因となっていることが多く、せっかちで頑張りすぎてしまう人に多く見られます。

この場合、ドライアイだけではなく目の充血も見られ、常にイライラしていたり、怒りっぽい、などの症状も現れます。




ドライアイに効く薬膳とは

 

f:id:Brico204:20190612173911j:plain

 

 

肝血不足にオススメの薬膳

 

血を補う作用のある食物を重点的に食べるとよいでしょう。

 

黒米、人参、ほうれん草、落花生、棗(なつめ)、ぶどう、黒きくらげ、牛豚鶏レバー、牛肉、豚肉、羊肉

 

黒い色をした食べ物が、基本的に血を補うと言われています。

なかでも特にオススメは、棗(なつめ)です。別名デーツともいいます。

中国では黄河の流域で古くから栽培され、今日でも身近な食べ物となっています。

対して日本ではあまりメジャーではありませんが、たまにドライフルーツとして見かけることがあるかもしれません。

棗は貧血によく、胃腸を丈夫にするといわれています。また、東洋では精神を安定させる効果もあるようです。

現代の研究でも、免疫細胞の働きを高める働きがあり、抗アレルギー作用も期待されています。




陰虚にオススメの薬膳

 

陰を補う作用のある食物を重点的に食べるとよいでしょう。

 

小松菜、アスパラガス、黒豆、松の実、黒きくらげ、貝類、いか、鶏卵、牛乳、豚肉、鴨肉

 

中でもオススメは、きくらげです。

中華料理で馴染みのある黒きくらげです。

黒きくらげは、広葉樹の枯れた気に生えます。(私もこれを書くまで知りませんでした笑)

日本ではあまり馴染みのない、きのこの一種で、食感がクラゲに似ていることから、『きくらげ』と名付けられたそうです。

生のきくらげには毒性があり、干すことで除かれます。生のきくらげは、絶対に食べないように!

 

黒きくらげは、肝に関わる血の不調や、陰虚に適しています。現代の研究でも、抗菌作用や抗がん作用、動脈硬化の予防などに効果が期待されています。

 

 

肝火上亢にオススメの薬膳

 

肝火を沈める作用のある食物を重点的に食べるとよいでしょう。

 

白菜、セロリ、とまと、胡瓜、苦瓜、豆腐、かに、緑豆、粟、茶葉、ジュンサイしじみ

 

白菜もおすすめですが、ここでは美容でも注目されているトマトをご紹介します。

とまとは日本でも非常に馴染みのある野菜です。

夏野菜は全般的に火照った体を冷ますはたらきがあり、トマトもまた微寒に属する野菜です。

消化を促進して肝の解毒を助けるので、夏バテにはもってこいの野菜です。

また、肝火が上亢している人にもおすすめです。

現代でも高コレステロール動脈硬化の予防としてや、抗酸化作用を期待して美容目的として摂取している女性も多いようです。このリコピンは、胃がんの原因となるピロリ菌の増殖抑制作用もあり、抗がん作用も期待されています。



まとめ

 

薬膳は薬と異なり、その効果は非常に緩やかではありますが、私たちの体を作るものは食べ物。

日々の小さな気遣いが、自分の体を労わることにも繋がります。

ドライアイに悩んでいる方、ぜひ上記の食材を気にかけて摂取してみてください。

 

 

 

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

 



女性の成長老化は7の倍数

                        f:id:Brico204:20190612150756j:plain

 

 

 

東洋医学では、女性は7の倍数で成長・発育する、と言われています。

その概念がちょっと面白いので、ご紹介したいと思います。

 

まずは『黄帝内経素問』という、紀元前200年くらいに書かれたといわれている、医学理論書をそのまま転記します。



7歳:腎気がさかんになり、歯が生え替わる。頭髪が長くなる。

14歳:天癸至り、任脈通じ、大衝の脈盛んになり、月経がはじまる。子供をつくることができる。

21歳:腎気平均し、真牙(親知らず)生えて成り、身体が成熟する。

28歳:筋骨堅く強く、頭髪伸び揃い、もっとも充実する。

35歳:手足陽明経脈が衰え、顔の色艶が悪くなり、髪が抜け始める。

42歳:手足の三陽経脈が上部より衰え、顔の色艶が悪くなり、髪に白いものがまじる。

49歳:任脈空虚により、大衝の脈衰え、月経停止し、再び子供を作ることができない。



ちょっと東洋医学用語が入ってきますが、なんとなく言っていることはわかるのではないでしょうか。

女性ホルモンの分泌の変化により、起こる身体の変化が記されています。

その変化は、7の倍数の歳によって変わるとされています。

ちなみに男性は8の倍数です。子供は比較的、男の子より女の子の方が成長が早いですよね。

その成長スピードの差が、この7と8の違いというわけです。

 

上記を簡単に補足します。

腎気とは、生まれ持って持ち合わせている、母から譲り受けた生命エネルギーのようなものをさします。

この腎気は、20歳くらいまで盛んになっていき、21歳でピークを迎え、安定します。

天癸とは、性腺刺激ホルモンのようなもの。性腺刺激ホルモンが分泌され、性ホルモンが分泌されるようになり、初潮を迎えるのが14歳。

女性は28歳が一番身体が充実する時期。

ですがそこをピークに、成長から老化のフェーズに入っていきます。

35歳くらいで、顔の艶が失われ、髪が抜け始めます。昔の医学書ではありますが、かなりストレートに言うな…という印象です。。

42歳で髪に白いものがまじる…ここはなぜかさっきと打って変わって、白髪とストレートに言わないところに若干気遣いを感じます。。

そして49歳で性ホルモンが分泌されなく成り、月経が止まり、妊娠ができなくなります。

 

これは人類皆にあてはまる、成長と老化の過程なのですが…

なんだかこうしてリアルに文章として目の当たりにすると、若干ショッキングでもあったりしますね…。

28歳くらいから、お肌の調子も下り坂…体調も不安定になってくる。

加齢は食い止めることができないけれども、加齢現象は日頃のお手入れや健康管理で、少しでもゆるやかにしたいものですね。。

 

 

 

 

 

brico204.hatenablog.com

 



【五臓と目】充血、目の疲れ

                                       f:id:Brico204:20190612153133j:plain

 

肝臓の調子は、目に現れます。

目の調子が悪ければ、肝臓の調子を疑いましょう。

それは、肝は血を蔵す臓腑であるから。

目はその血によって養われています。

ですので、肝と目のはたらきは、直接リンクしているのです。

 

特に、目が充血している場合。

これは、ダイレクトに肝の不調を現しています。

白目が赤くなっているときは、血行障害が生じているサイン。

特に精神的なストレスが原因となっているものが多いです。

イライラしたり、怒りっぽかったり、緊張しすぎると、肝を痛めます。

肝は、気の流れを整えるはたらきがあり、気の流れは血の流れを促します。

よって気が滞れば、血も滞る。

その結果が、目の充血として現れます。

 

また、目が疲れやすく感じる時も、肝の機能が低下しているサインです。

肝で蔵されている血により、目は正常にはたらくことができます。

肝の血が不足すると、目が疲れやすく感じます。

肝血の不足は、ひとつの原因として睡眠不足が挙げられます。

肝の血は寝ている間に充填されます。

睡眠が不足すると、肝の結が十分に蔵せず、結果として目の不調に繋がります。

 

ストレス社会で働く現代人と肝は大きく関わります。

ストレスを感じた時には、大きく深呼吸して。

肺は肝が過剰に働かないように、制御するはたらきがあります。

自律訓練法としても注目されている呼吸法は、実は東洋医学でも説明できることなんですね。

 

 

 

 

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

 

【五臓と目】貧血

体の血の状態を、一目で判断できる部分をご存知ですか?

それは、まぶたの裏側です。

誰かに『あっかんべー』をしない限り、自分の下まぶたの裏がわって、あんまり見ることがないですよね。

ですが、ここで体の『貧血具合』がわかるのです。

 

通常、このまぶたの裏側は適度な赤色をしています。

粘膜であるこの部分には、たくさんの毛細血管が走っています。

この部分を見たとき、白っぽさ感じるようだと貧血の疑いがあります。

女性は毎月生理がありますから、その前後によっても色味が異なってみえることがあります。

定期的にチェックして、自分の変化を見て見ましょう。

 

東洋医学でいう血が不足している状態を、『血虚』といいます。

その名の通りに血が虚している状態なのですが、これは俗にいう貧血とは若干異なるものです。

血液検査の数値的に貧血と判断されたときには、東洋医学では結構な末期です。

東洋医学では、数値で現されないくらいのものでも血虚と判断されることがよくあります。

 

東洋医学では、血は五臓の脾胃と関係します。

脾胃では、口から食べた食べ物を吸収して気血を生成する臓腑です。

基本的に血虚は、脾胃のはたらきが低下していたり、栄養不足の結果として起こります。

 

立ちくらみやめまい、動悸や息切れ、肌がかさつく、爪がもろい、月経血の減少、生理不順などがあると、血虚を疑います。

 

そういったいろいろな症状からの判断が難しい場合、あっかんべーをすれば一目瞭然、というわけです。

 

 

f:id:Brico204:20190510144039j:plain

 

 

 

 

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com

brico204.hatenablog.com