【知っておきたいお肌の基本】お肌のはたらき:毛

お肌には、いくつかの付属器が存在しています。

前回お話をした、皮脂を分泌させる皮脂腺がそのひとつ。

もうひとつ代表的なお肌の付属器は、ですね。

皮脂腺と同じくして、毛も美容的に嫌がられる存在です。

確かに、美容上は決して美しいものではありませんね。

(眉毛、まつ毛、髪の毛はのぞく。)

今では多くの女性が永久脱毛をしている時代。

そんな、無くされてしまう毛たちも、きちんと役割があって生えてきているものなのです。

決してボーボー推しをするわけではないですが、今回も毛の役割について、お話ししていきたいと思います。

 

毛は、部分的に濃い薄いがありますが、全身くまなく生えています。

私たちの祖先は猿ですから、全身に毛が生えていることは先祖の名残です。

ですが、猿のように全身くまなくびっちり生えているわけではありませんよね。

ポイントごとに生えている毛の質や量が異なります。

それはどうしてなのでしょう。

 

毛は、私たちの体を守る保護の役割があります。

毛が多く生えている部分は、体の中でも重要な部分。

一番わかりやすい例は、髪の毛でしょう。

髪の毛の生えている頭の中には、人体で最も重要な部分、脳が存在します。

硬い頭蓋骨に覆われて守られていますが、強い衝撃が加わった時にはそれだけでは不十分。

髪は、そのような衝撃がダイレクトに頭蓋骨や脳に伝わらないよう、クッションの役割を果たします。

その他にも、眉毛やまつ毛は目に異物が入らないように保護を、

脇には重要な神経や血管が走行している部分。脇毛はそれらを守ります。

このように、人体でも重要な部分に毛は生えているのです。

 

その他にも、体温調節の働きがあります。

毛の毛根には、立毛筋という、非常に小さな筋肉が存在します。

この立毛筋は、その字のごとく、毛を逆だてる働きがあります。

寒い時、みなさん鳥肌がたつかと思いますが、あのサブイボは立毛筋のしわざ。

寒い時には毛を逆立てて、体表面の空気をホールドして体を少しでも温めようとします。

逆に暑い時には、毛穴から汗を分泌させて、気化熱を利用して体温を蒸散させます。

 

毛で言えば、女性と男性で異なるのはヒゲ。

ヒゲは男性の象徴でありますが、たまに女性でも顎の産毛が数本、ヒゲのように濃い毛がチラホラ…生えてくること、ありませんか?

思い当たる人は、ちょっと男性ホルモンが強めかも…

お仕事、頑張りすぎていませんか?

たまには戦闘態勢モードをオフにして、しっかりリラックスの時間を設けてあげてくださいね。



 

お手入れ中の、私の腹のなか、、

こんにちは、ぶり子です。

まさかの6月中の梅雨明け、、

今年はいつもより、長い夏を楽しむことができそうですね!

今年の夏のご予定は、もうお決まりですか?

 

さて、話が180度変わるのですが、、

今回は、私のお手入れコンセプトについて、少しお話ししたいと思います、、

いつもお客様のお肌をお手入れしながら、私が腹の内で思っていることです、、

(よくお腹鳴っちゃうのですが、それではなくって…!笑)

ここでカミングアウトしたいと思います。。

 

お手入れをする際、どこのサロンでもお客様のカウンセリングをするかと思います。

私も同様に、お客様のカウンセリングをした上でコースを決定し、お手入れさせて頂きます。

カウンセリングで訴えるお客様のお肌の悩みは、人それぞれ、、

たるみやシミ、シワなどなど、、様々です。

カウンセリングシートには、さまざまなカテゴリのスキントラブルを記載してあり、気になるものに丸をつけてもらうのですが、

だいたいみなさん、全てに丸がつく(笑)

特に年齢を重ねると、お肌の悩みはどの方も似たようなものです。

 

お客様の悩みを伺った上で、私もそれを少しでも解消できるようにケアをさせて頂いているのですが、、

正直なところ、お客様の訴えと私が気になるところが違っていたりすることが多い。

 

 

私が自分のお手入れのモットーとして、いつも考えていることは、

『この方のココが改善すれば、もっと美しくなる』

というところ。

そのポイントが、結構本人の視点と他人(私)からの視点だと異なっていることが多かったりする。

おそらく、お客様の訴えは『若い頃の自分と比較して劣化した部分』だと思う。

確かにそこは本人が一番よくわかっているところだと思う。

目尻のシワや法令線は、嫌われがちなシワであるけれども、

年を重ねていくと、それが美しくも見えてくる。

やっぱりそれは、年齢があってこその美しさかと。

逆におでこのシワやバニーライン(鼻筋にできるシワ)、眉間のシワなんかは、明らかに印象を悪くするシワ。

こういったものは、少しでも薄くしていきたい。

 

多少のたるみは感じられても、全体的にお肌がくすんでいたり、シミがちらほらしているような方の場合、

お客様の訴えは大体たるみなのだけれども、私はくすみやシミのケアの方に重点を置きたくなる。

なぜなら、たるみよりも肌トーンの方が、意外と老けて見えてしまうことが多いから。

ネーミングから『エイジングケア』コースを選択する方が多いのですが、

実際に『ホワイトケア』を推したくなる方は意外と多いです。

 

『美しい』か『美しくないか』というのは、結局他人からのジャッジというところが大半な気がする。

そう、人の見た目の印象というのは、他人が判断するものだから。

美容というものは自己満足のような気がするけれど、

実際は他人からの目を気にしてやるもののような気がする。

 

そんなこんなで、私はいつもお客様のお手入れをしながら、
『くそぉ〜〜〜!ココさえなければ、もっと美しいのに…!!』

なんて考えながら、お手入れをしているのです(笑)

だから、特にお客様に指摘されなかった部分、も勝手にお手入れしていたりする(笑)

でも、あとから『私はココが気になって〜』ってカミングアウトをすると、

大体お客様も、実は気にしていた部分であったりすることが多い。。

私がセラピストとして若かりし頃は、なかなかお客様のウィークポイントを突くのには勇気がいったけれど、

今では、『どうしても美しくしたい!』という気持ちが先走って、結構なんでも言ってしまったりしています、、

 

一朝一夕でどうこうなるものでもなく、

地道にコツコツ、とにかく信じてやっていくしかない…というものが美容。

だからこそ、お客様の期待を裏切ってはいけない、という重大なミッションを課されている私ですが、

でも絶対、努力して続けていれば、お肌のコンディションは上向いてくる。

だから、是非とも諦めずに続けていただきたい、、。。

共に頑張る所存でお手入れさせて頂いております、、

 

本当は一朝一夕でなんとかなればいいのだけれどね〜

そんな魔法が使えるようになることが、、次の私のミッションなのかな…?(笑)

 

 

【知っておきたいお肌の基本】お肌のはたらき:皮脂

暑い季節になってくると、気になってくるお肌のべたつき

その仕業は、みなさんもご存知の皮脂ですね。

皮脂はその名の通り、お肌のアブラ。

お顔がテカったり、せっかく綺麗にしたメイクを崩す原因となる、厄介なモノです。

 

そう、みなさん皮脂は『厄介なモノ』と思っていませんか?

 

実は、皮脂はお肌にとって、なくてはならないものなのです。

きちんとわけがあって分泌されている皮脂。

嫌われ者になってしまっている皮脂の訴えを、私が今回は代弁していきたいと思います。

 

まず、皮脂はどこから分泌されるのか、といったところからおさらいです。

皮脂は、真皮層に存在する皮脂線から分泌され、毛穴から皮膚表面へ分泌されていきます。

皮膚表面で広がった皮脂は、お肌の内側に存在する水分が蒸発していかないように、防ぎます

要するに、保湿の役割ですね。

そのはたらきから、皮脂は『天然の保湿クリーム』とも呼ばれています。

 

また、表皮の一番外側、外気にも触れている角質を保護するはたらきもあります。

角質は、落ち葉のように積み重なって外界の刺激物が体内に侵入してくるのを防ぎます。

その隙間は、細胞間脂質と水分で埋められているのですが、やはりお肌が水分不足だと、角質の間に隙間ができてしまい、お肌が敏感になってしまいがち。

また、さまざまな原因でターンオーバーが早くなってしまったお肌も、同様に敏感肌傾向になります。

こういった、角質が関係するお肌を保護するはたらきを、皮脂は助けてあげるはたらきがあります。

 

さらには、殺菌作用

皮脂は酸性(正確には弱酸性)ですので、雑菌の繁殖などを防ぐはたらきがあります。

 

このように、皮脂はお肌の内側を守る、大事な役割があるのです。

なので、嫌わないであげてください、、

 

ただ、この皮脂も、お肌のトラブルを引き起こす原因となるものであったりします。

毛穴の汚れやニキビなどは、その代表的なもの。

多すぎても少なすぎても、よくない…

 

皮脂の分泌は、食事や睡眠などの生活習慣に大きく関わってきます

バランス良い皮脂分泌を目指すなら、まずは規則正しい生活を心がけてみるのがよいでしょう。

【知っておきたいお肌の基本】お肌の構造:皮下組織

これまでに、表皮と真皮についてお話ししてきました。

このどちらも、若々しく健康なお肌をキープするために、重要な部分だということがお分りいただけたのではないでしょうか。

お肌にはあともうひとつ、皮下組織という部分が存在します。

今回は、その皮下組織についてお話ししていきましょう。

 

『皮下脂肪』という嫌な言葉をよく耳にするかと思いますが、皮下組織の大半は、この皮下脂肪でできています。

その脂肪の合間を、動脈や静脈が走行しています。

脂肪は、美容上とても嫌がられる存在のものですね。

ですが、脂肪にもきちんと役割があります。

体温を逃さないように保温をしたり、体を衝撃から守るクッションの役割を果たしたりします。

多くの女性は、ボディラインやフェイスラインを美しく見せるため、ダイエットなどでなるべく体に付いている脂肪を落とそうとしますが、お顔の脂肪はある程度付いていた方が張りがあり、若々しく見られます

若い人にはお顔の脂肪は嫌われますが、年を重ねるとお顔に脂肪がない方は痩けたように見えてしまうため、お顔によく脂肪が付いた人を羨ましがる声をよく聞きます。

ただし、あまりにもお顔に脂肪がつきすぎてしまうと、今度はそれがたるみの原因となってしまうので、注意が必要です。

外国の人では、お顔だけシャープで体は大きい…というケースが見受けられますが、日本人の場合は、お顔も体も比例しているように思います。

顔だけ痩せる、ということはなかなか難しいです。

お顔をシャープにしたいのであれば、全身ダイエットをすることで、お顔も必然的に痩せてきます。

定期的な全身運動で、体もお顔も引き締めていきましょう。

 

皮下組織には、あまりお肌のコンディションそのものに関係するものがない、と思った方もいるのでは。

いえいえ、ここには重要な血管が走行しています。

血液は、私たちの体、細胞隅々に栄養を与える、大事な役割があります。

不要物を回収し、栄養を与える、重要なお仕事。

この仕事がきちんとできていないと、お肌の新しい細胞も、健康に生まれてくることができません。

血流がよい、ということは、健康を維持増進するのに、一番重要な基本の要素なのです。

 

f:id:Brico204:20180614191444j:plain

 

 

【知っておきたいお肌の基本】お肌の構造:真皮

お肌の構造は、表皮、真皮、皮下組織の順に層を構成して成り立っています。

一番外層の部分を表皮といい、肌細胞のターンオーバーが活発に行われている層です。

こちらは、前回お話ししましたね。

その表皮の下には、真皮といわれる層があります。この真皮には、どんなものがあるのでしょうか。

 

お肌のもっと下層には、筋肉がありますね。

お顔も身体も同様ですが、この筋肉が動くことで身体を動かすことができたり、お顔では表情を作ったりすることができます。

いろいろに動くにも関わらず、お肌は洋服のようにたわむことなく、伸縮して身体の動きについていきます。

これは、お肌に伸縮性があるからです。

そのお肌の伸縮を司っているのが、真皮に存在する弾性繊維です。

 

弾性繊維は2種類で構成されています。

皆さんも聞いたことがある、コラーゲンエラスチンという繊維です。

ちょうどネットのような構造をしており、お肌の弾力や伸縮を担っています。

コラーゲンとエラスチンのネットの隙間には、基質とよばれるゼリー状のもので埋められています。

この基質は、ヒアルロン酸などの保湿に優れた成分でできています。

その保湿基が水分を抱え込んでいるために、肌内部に水分を保留しておくことができるのです。お肌の潤いに非常に関係する部分ですね。

 

 

このように、お肌の弾力や水分量について、真皮は非常に重要な層だと言うことが分かりました。

これらの重要な弾性繊維や基質は、真皮内にある線維芽細胞から産生されます。

と言うことは、いつまでも若々しいお肌を保つためにはこの真皮層を、さらには線維芽細胞にも注目して、しっかりケアしていく必要があるということです。

 

次回は真皮のまたさらに下の層について、見ていきましょう。

 

 

f:id:Brico204:20180614191444j:plain

【知っておきたいお肌の基本】お肌の構造:表皮

お肌のトラブルを知り、ケアしていくためには、まずはお肌の基礎知識をしっておく必要があります。

健康なお肌の基本構造やはたらきを知っておけば、自ずとみずからのスキンケアの目的が明確になるはずです。

というわけで、今回はお肌の構造から学んでいきましょう。

 

お肌は一見、薄い一枚の膜のイメージが強いですが、実はこの薄い皮膚でも、3層の構造をなして構成されています。

一番表面から、表皮、真皮、皮下組織の3層です。

それぞれの層の構造やはたらきは異なりますので、それぞれ分けてご説明していきましょう。まず始めに、表皮についてからです。

 

表皮は、お肌の中でも一番外層の部分です。

皮膚の厚さは、体の各部分にもよりますが、表皮と真皮を合わせても2ミリ程度

そのうち表皮は0.2ミリと言う非常に薄い層です。

その薄い層の中でも、さらに5層に分けられます。

 

一番深層の部分を基底層といい、ここから新しい肌細胞が生まれていきます。

また、この層にはシミの原因となるメラニンを産生するメラノサイトも存在します。

基底層では、常に新しい細胞が生まれていきます。

そうすると、古い細胞はどんどんと皮膚表面に押し出されていきます。

表皮の層で一番外層を角質層といい、ここまで到達すると、肌細胞はもう既に役目を終えて死んだ状態です。

ある程度その場に留まった後、として剥離していきます。

死んでしまった細胞、と聞くと、全く働きのないもののようなイメージがありますが、決してそうではありません。

落ち葉状に重なり合っている角質の隙間には、細胞間脂質があります。

この細胞間脂質は水分を含み、角質の隙間を埋めるように存在しています。

この細胞間脂質の抱える水分こそが、お肌のみずみずしさにつながります。

要するに、美肌は『死んだ細胞層をいかにケアするか』といったことでもあるのです。

 

少し話が外れましたが、この一連の肌細胞の一生のことをターンオーバーといいます。この肌細胞の誕生と衰退は常に行われ、通常20代で28週程度をかけて全ての細胞が入れ替わっていきます。

おおよそ28日後には、お肌は全く新しいものに生まれ変わる、というわけです。

お肌の老化の原因のひとつに、年齢を重ねることでこのターンオーバーの周期が遅くなっていくから、という説があります。

老化とターンオーバーの関係については、また別の機会にお話ししましょう。

美容の時間は、一種の瞑想の時間だと思う。

こんにちは、ぶり子です。

 

今回は、ストレスとの向き合い方について、私なりの考え方をお話ししたいと思います。

現代社会はストレス社会、とよく聞きますが、基本的にストレスのない人生って、ないと思うんですよね。

確かにストレスがたまると、心も体もしんどい。

でも、もしノンストレスの毎日だったら、きっとそれはそれで面白くないんじゃないか…とも思う。

何かストレスを感じるからこそ、何かを改めたり、新しいマインドに転換してみたり、鍛錬して自分のスキルアップに繋がったりするものなんだと思う。

なので、私はストレスは自分にとってある種のいいスパイスだ、と思っています。

ネガティブなものも、考え方を変えれば自分のプラスになったりする。

せっかくだったら、悪いものよりもいいものの方がいい(笑)。

 

そんな私ですら、やっぱりいっぱいいっぱいになることがある。

そういうときは、手っ取り早く『考えることをやめる』。

これに尽きる(笑)

逃げるわけじゃなく、一回考えることをやめて脳をお休みさせてあげる。

ヨガをダイエットとしてやっている人も多いかもしれないけれど、私はどちらかといったら、ヨガは頭のお休みのためのものだと思ってる。

ヨガとか瞑想とか禅とか、経験したことある人はわかるかと思うんだけれど、意外と『何も考えない』っていうのは難しかったりするのよね。

頭の中を真っ白にするって、意外とトレーニングが必要なんだと思う。

ヨガも少し通っていたけれど、まだまだ私はトレーニングが必要…。

 

でも最近思うのは、頭を真っ白にするのは必ずしもヨガや禅だけじゃないのではないか、と思う。

私は昔、毎日ランニングをしていたのだけれど、私の中でランニングは瞑想に近いものがあった。

ランナーズハイになると、頭の中を空っぽにすることができる。

昔、ストレスを感じたら、考えるより先に走りに出かけてたなぁ…雨が降ってても(笑)

(これは学生の時の話。)

最近ではもっぱらサーフィンにハマっている。

『美容業をしているのに、サーフィンなんてハイダメージなスポーツ〜!』って怒られるかもしれないけれど、サーフィンも同じく、頭の中を空っぽにできるのだよ。

確かに、『できそうでできない〜!』っていう悔しさからハマった部分もあるんだけど、完全に自然と対峙するスポーツだからこそ、ハマったっていうのはあると思う。

波が来ないと乗れない。

その波を待つ時。

水平線を見ながら、ただただ、うねりが来るのを待つ。

この時、頭の中は空っぽになるのよね。

昔からイケイケドンドンな性格だった私は、サーフィンで『待つ』ということを覚えたのかも。

一見ハードなスポーツにも思えるけれど、そんなマインドフルネス的な真逆の性格も持ち合わせている、とっても魅力的なスポーツなの。

 

と、私のサーフィン熱をついつい語ってしまったのだけれど、このマインドフルネス的要素って、ちょっと非日常を味わうことで、結構手軽にできるものだと思ってる。

例えば、旅行。ちょっと離れたところはもちろん、海外旅行とかだったら、思いっきり非日常。

完璧にいつも悩まされているストレスから、遠ざかることができる。

あと、私はオフにスパに行くことも好き。

都会の喧騒から離れて、スパで体を癒す…。

だいたいスパって、ロケーションも最高なところが多いから、静かに流れる時間を楽しむことができるよね。

トリートメントを受けている時間も、特にセラピストの人とたくさんお喋りするわけでもないから、体だけじゃなくって心からもリラックスできる。

いつもスパを受けて思うけど、これも一種のストレスケアやマインドフルネスなんだと思う。

それに美容要素もあるから、気分は上がるよね!

 

といったわけで、美容って心も体も健やかになるものだと思います、という私の自論のお話しでした。

うちのお店も、お客様にとって心も体もリラックスできる時間になるよう、努めていきたいと思います。

(ついつい、お喋りに花が咲いちゃったりするのだけどね🌹)