日焼けになる過程から、スキンケアを考える

そろそろ紫外線が気になってくる時期…

気候もよくなってくるので、外でレジャーをすることも多くなってくるこの季節。

前回、紫外線のお話をしましたが、今回は紫外線を浴びることでできるシミのお話をしていきたいと思います。

 

紫外線を浴びると、お肌は日焼けをします。

女性は努めて美白を心がけていますが、ぶり子の考え的に

美白のために外でアクティビティしないのなんて、ナンセンス。

外でいっぱい遊んだら、それだけのケアをしっかりしましょう〜

というのが、ぶり子流の美容論です。

 

日焼けはしてもいい!

でもしたら、ちゃんとケアしましょ!!

 

ということで、日焼けのスキンケアを推奨しています。

『日焼けにはビタミンCなどの美白剤が有効!』

と、一言で言ってしまうとそうなのですが、

まずは『日焼けになる過程』というのを把握しておくと、スキンケアの方法や見方のヒントになります。

これはお肌のトラブル、すべてに当てはまることですが、

今回は日焼けの大元、メラニン』が産生される過程について、見ていきましょう。

 

 

紫外線を浴びると、まずお肌のケラチノサイト(角質細胞)が反応して、プラスミンやプロスタグランジンというメラノサイト活性化因子を産生します。

その指令をメラノサイトメラニン産生細胞)が受け取ると、そこからメラニンの産生がスタートします。

 

まずメラノサイト内にあるチロシンというアミノ酸が、チロシナーゼメラニン生成酵素などの作用によって、ドーパ、ドーパキノンへ変化します。

それらはやがて、メラニンとなってお肌を黒くします。

前回にもお話しした通り、メラニンは産生することで、お肌の深部に紫外線が到達しないように、ガードする役割があります。

ですが、お肌のターンオーバーに異常をきたしたりすると、メラニンがケラチノサイトに留まってしまい、色素が沈着し、シミとなってしまいます。

 

ではメラニンが産生される過程から考えて、美白に対するアプローチは何ができるでしょう?

 

まず、そもそもの紫外線を予防すること。これは日焼け止めなどにあたります。根本要因に対するアプローチですね。

 

それから、メラノサイトを活性化させてしまうメラノサイト活性化因子』の抑制

『活性化しろ〜』というサインがメラノサイトへ伝わらなければ、メラニンは産生されない。

 

それから、チロシナーゼ』の抑制メラニンの赤ちゃんである、チロシンを活性化させてしまう、この酵素が産生されなければ、メラニンは産生されない。

 

最後に、できてしまったメラニン代謝を促進すること。

 

ざっと考えると、これだけのアプローチ方法があります。

『美白に効果的!』

と一言でいっても、メラニンに対するアプローチはこれほどあって、

しかもそれぞれにアプローチするスキンケア成分は、それぞれ全く異なります

 

では、あなたの美白対策、どこのフォーカスしますか?

 

普通に考えて、できてしまったメラニンにアプローチするよりも、

できてしまう前を叩いてしまった方が、断然早いですね。

 

では次回、さまざまにある美白剤の成分について、見ていくことにしましょう。

 

 

 

 

■□■□  過去の関連記事  ■□■□ 

 

brico204.hatenablog.com

 

 

 

■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ケア ■□■□

 

○ホワイトコース

spabrico.com

 

 

 ■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ホームケア ■□■□

 

○MT プロテクトUVジェル

cosme.spabrico.com

 

○ピーチポウ ホワイトエッセンスα

cosme.spabrico.com

おなかいっぱい、は体にわるい。

こんばんわ、ぶり子です。

今日はスキンケアのうんちくではなく、なんとなく最近の自分へのフィードバックを記事にしてみようと思います。

 

『おなかいっぱい、は体にわるい。』

 

とりあえず、結論はそれです(笑)

美味しいものは、気を付けていてもついつい食べ過ぎてしまう…

そして、気付いた時には、おなかいっぱいに。

確かにおなかいっぱいって、幸せ。

でも、あとから後悔するのは…体型を気にする女子なら、間違いなし。

 

おなかいっぱい=とりあえず、食べ過ぎ。

かつて本気でダイエットに励んだことのある私からすると、

人間はおなかいっぱいにならなくても、死なない。

ちょっと物足りない、くらいがちょうどいい。

ダイエットしていたときは、とにかく『物足りない』を意識して食事制限をした。

プラス、もちろん運動も。

ダイエットは、マイナスを意識的に作ることで、成功する。

『マイナス』ってどちらかといえば、ネガティブなイメージ…

ではあるのですが、最近思うのは、

 

『マイナス』があるからこそ、森羅万象、物事は上向くんじゃないか、って。

 

おなかいっぱい食べると、間違いなく太る。

確かにその瞬間は幸せだけれども、健康的にはよくない。

胃袋だけの話ではなく、例えば趣味だったり、仕事だったり、

そういったものも同じことが言えるのではないか、と私は思う。

 

若い頃は、10という幅があれば、好きなものを10で埋め尽くしたかった。

8時間労働であれば、8時間を全力を尽くしたかった。

24時間という時間があれば、24時間を好きなことだけで埋め尽くしたかった。

生産性のない睡眠時間は、むしろ無駄な時間だと感じていた。

白か黒か、であれば、全てを真っ白にしたかった。

 

けど、それは20代のエネルギーが満ち溢れている時だけの話。

…だったのかも。

 

そうして生きて来た20代は私にとって、全く悔いはない。

でも30代になって、果たしてそれが正解か?と自問自答すると、

もうそれを求めていない、という自分がいたりする。

 

『余裕ができた』というわけではなくって

『余裕をつくりたい』というわけなんだと思う。

 

なんでも少し足りない方が、それを求めるパワーは強くなる。

その方が、健康的。

その考えは、胃袋と比例するのではないか、と。

空腹の方が、ご飯も美味しく感じるのと同じように。

 

胃袋も、スキンケアも、好きなものも、メンタルも。

おなかいっぱい、はきっと、体にわるい。

でも、『いっぱい』よりも『腹八分目』の方が、意識的に難しかったりするのよね。

 

あ、これも胃袋とおんなじか(笑)

 

 そんなわけで、今年の私の目標は、

『意識的におなかいっぱい、にならないようにする』

ということです。

 

 

紫外線がお肌に与える悪影響

桜もあっという間に散ってしまい、最近では夏日もちらほら…

つい最近、『春がやってきた〜!』なんて言っていたのに、一気に夏の気配さえ感じるようになってきました…。

天気が良い日には、太陽のあのジリジリ感も感じるようになってきましたよね…

気候がよいので、外でレジャーなどを楽しむことも多くなってきたのではないでしょうか?

気温も高くなく低くなく〜なので、長時間外にいても、気持ちが良い…

そうして後で後悔するのが、『日焼け』です。。

外で元気よく遊ぶことは、とっても良いこと!

ですが、紫外線にだけは、ちょっと注意しておきたい…

 

今回は、改めて『紫外線が与える肌への悪影響』をおさらいしておきましょう。

 

紫外線、と聞くと、まずみなさんは『日焼け』『シミ』というワードが頭に浮かぶことと思います。

紫外線はお肌に存在するメラノサイトを刺激して、日焼けやシミの原因となるメラニンを産生させます。

肌の白さこそ美しさ、とされる日本…

日焼け止めや日傘、帽子や手袋などで、予防している方も多いですね。

 

ところが、紫外線はただ、メラニンだけの問題ではないのです。

 

実は、色黒になるよりも恐ろしい話…。

肌細胞そのものにダメージを与えてしまうことで、肌老化を促してしまいます

具体的には、シミはもちろん、コラーゲンが変性してしまうことでの肌弾力の低下、シワ、たるみなどです。

肌の老化は、基本的に年齢が原因であるのは2割程度

残りの8割の原因は、紫外線によるものだと言われています。

 

実は、日焼け(色が黒くなること)は紫外線からお肌を守る、一種の防御反応でもあるのです。

紫外線には大きく分けて2種類あり、そのうちのUV-Bは表皮を刺激してメラニンを産生させ、日焼け(色が黒く)になります。

もうひとつの紫外線は、UV-A

こちらはUV-Bよりも深いところまで浸透してしまう紫外線です。

表皮のさらに真相、真皮にまで到達するUV-A

真皮層にはお肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチンが存在するだけではなく、

肌細胞の赤ちゃんを作る細胞も存在している層。

そこに紫外線が到達したら、どうなるか…

容易に想像がつくことでしょう。

 

実は、このUV-Aが真皮に到達しないように産生されるのがメラニン

そう、日焼けはもっと奥深くの真皮が日焼けしないように、ガードするためのものなのです。

 

お肌にメラニンを産生させる能力がない人種を白人、逆に多い人種を黒人、その中間が黄色人種…とカテゴリされます。

上記の説明を受けるとイメージがつくかと思いますが、肌老化や皮膚ガンが多いのは、圧倒的に白人です。

黒人は年を取ってもお肌がプリッとしているイメージですよね。

ですので、日光を浴びて黒くなる人は、まだUVに対しての抵抗力が備わっていますが、

日光を浴びても黒くならずに赤くなるだけの人は、要注意!

しっかり紫外線対策に備えてください。

 

こんなところで、今回は終了…

まずは紫外線に対する、基本的な知識のご紹介でした。

 

 

 

■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ケア ■□■□

 

○ホワイトコース

spabrico.com

 

 

 ■□■□ spa Bricoでできる、おすすめ紫外線対策ホームケア ■□■□

 

○MT プロテクトUVジェル

cosme.spabrico.com

 

○ピーチポウ ホワイトエッセンスα

cosme.spabrico.com

春先の肌ムズムズ、それは花粉の仕業

こんにちは、ぶり子です。

清澄白河の桜も、今週いっぱいで見納め…

桜が満開になると、春の訪れを感じ、

葉桜が混じりだすと、夏の気配を感じ…

気候のよい時期は、本当に一瞬ですね。

 

過ごしやすい気候ではありますが、

この時期、花粉症で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

お肌も同様。。

いつも健康なお肌の方でも、少し荒れ気味になってしまうお客様が多く見受けられます。

それは、空気が乾燥する冬以上になることも、、

では、どうしてこの時期、せっかくよい気候にも関わらず、肌トラブルが増えてくるのでしょうか?

 

それは、ご存知のとおりの『花粉』の仕業。

春先は風が強くなり、空気中に花粉だけではなく、塵や黄砂など、いろいろなものが混じっています。

それらがお肌に付着することで、悪さをしてしまう…というわけです。

金属や衣服、化学物質など、触れることで起こってしまうアレルギーがありますが、

花粉もそれらと同じ、『接触性皮膚炎』の仲間です。

 

春先、気温の差が前日と比較して、10度に達する日もあります。

冬場は空気が乾燥しているので、お肌のトラブルとしては、乾燥肌が圧倒的。

空気中に肌内部の水分が蒸散されてしまうことにより、乾燥肌が引き起こされます。

乾燥肌は、お肌のバリア機能が弱まってしまっている状態

急に気温が暖かくなって、春めいてきても…

お肌はまだ、冬仕様のまま…。

そこに花粉がくっついたら、どうでしょうか。

どなたも想像がつくかと思います、、

 

一度炎症が起こってしまうと、厄介です…

普段のように、メイクも十分に楽しむことができなくなってしまいます。。

『いつもは大丈夫だから』と気を抜いていると、花粉のトラブル、急にやってきちゃいますよ!

 

肌ムズムズ、炎症肌 = 保湿 + 鎮静効果のあるお化粧品を

花粉予防・対策 = 保湿

 

をしっかりと行なって、花粉に負けない健やかなお肌を鍛えましょう!

 

 

 

spa Bricoでは、ホームケアのアドバイスも行なっております。

自分のお肌に合うお化粧品をお探しの方、是非ご相談くださいませ。

 

cosme.spabrico.com

 

 

 

 

化粧品は本当にお肌に浸透しているのか、という話

女性であれば、お肌のコンディションを維持増進させるために、お化粧品を浸かっている人がほとんどだと思います。

ではそのお化粧品、『本当にお肌に浸透しているのかな?』という、素朴な疑問、持ったことありませんか?

 

私は…あります。(笑)

 

一応、美容業界に属していながらも、常に『本当にそうなのか?』『それは真実なのか?』と、いろいろなことをまず疑いの目で見てしまう…(笑)。

バカ正直者すぎて、『いいものだ!』と自分の腑に落ちてと思わない限り、自分が使うことはないし、人に勧めることもできません。。

なので、一般的に『良い』と言われるものでも、別の視点からもジャッジしてみないと、本当に信用できないメンドくさい性格なのです(笑)。

 

というわけで、今回はお化粧品の浸透率の話

 

お肌の役割のひとつ、『バリア機能』

体の中で、唯一外気に接している臓器が、『皮膚』です。例えば、消化器官は、体内に栄養を吸収するための臓器。

ですので、消化器官の粘膜は、『吸収するため』の膜。

それに対して、皮膚は外部から体に悪いものが侵入しないように、ガードする『保護』の役割があります。

そんな『保護』する働きの皮膚から、体内に化粧品が浸透するのかどうか

 

という疑問。

 

簡単に考えると『浸透しないだろう』という答えになると思うのだけれど、そういえば『外用薬』というものもある。

皮膚に塗って治すものなのだから、ある程度は浸透するのだろう…とも考えらえる。

 

きっと、ものによっては『浸透するものもある』というところで自分の脳内ディスカッションは終了。

では、どんな条件で皮膚浸透は起こるのか?



調べてみたら、大く分けて2つの条件があるらしい。

浸透しやすく細工をすることと、粒子を小さく加工すること。

浸透しやすく細工、という状態は、水にも油にも溶けやすい性質を持っているということ。

且つ、粒子が小さいということが条件というわけです。

 

お肌には、フィルターの役割があります。

ちょうど、コーヒーフィルターみたいなものです。

粒子が大きなものは通らないけど、細かいものは通る。

世の中には『お肌によい』、と言われるスキンケア成分がたくさんありますが、それを肌の内部に浸透させようと思ったら、その粒子の大きさのことを考えなくてはいけない。

いくら高価でいいものをお肌に塗ったとしても、もしその成分の粒子が大きければ、浸透せず肌の上に留まっているだけ。

であれば、特に安いものも高いものも、結局は関係なくなってきてしまう…

 

というわけで。

 

もし、お肌のコンディションを向上させたいのであれば、浸透率にこだわったお化粧品を選ぶといいでしょう。

最近の化学は進歩していて、コラーゲンやヒアルロン酸など、粒子が大きくて本来お肌に浸透することは不可能だと言われている成分も、

特殊な加工で容易に浸透できるようにもなっています

同じ成分でできているお化粧品でも、その点で効果に差が現れてきます。

 

是非、お化粧品選びのポイントのひとつにしてみてください。

 

 

そのお化粧品、あなたの『悩み』に合っている?

こんにちは、ぶり子です。

今日はお化粧品の選び方について、お話したいと思います。

 

ドラッグストアやデパートの化粧品売り場に行けば、五万とあるお化粧品たち。

その数あるお化粧品の中から、あなたが使うお化粧品は、何がきっかけで選んでいますか?

今回は、その部分をちょっと考えてみましょう。

 

まずはじめに、お化粧品を使うことの意義について。

お肌の悩みは、人それぞれ…。

お肌質や生活習慣、年齢など、皆千差万別なので、現れるトラブルもそれぞれ。

シミやシワ、たるみやにきびなど、いろいろです。

その悩みを改善させるために使用するのが、お化粧品ですね。

 

ですので、まずひとつ。

お化粧品を選ぶときには、自分の改善したい悩みにアプローチできるものを選ぶ、ということ。

 

これが、意外にできていない人が多いように思います。

特にたくさん紫外線を浴びるわけでもないのに、過剰に美白系のお化粧品を使っていたり、

にきびがひどい人が、エイジングケア系のお化粧品を使っていたり…

 

理想があるのはよいことなのですが、まずは足元の問題から解決すべき

 

これは特にお肌に限らず、なんでも言えると思うのですが、まずはケアすべき優先順位をつけて、それからケアしていきましょう。

 

それから自分の理想を求めるのも、時には他者からの意見を求めるのもいいのではないか、と思います。

美容って、結局人目を気にしてするものだと思うので、だったら他人に『どこをどうしたら綺麗になれるか』なんていうのを、率直に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

そういうわけで、是非ぶり子にご相談、お待ち申し上げております!(笑)

 

 

『春ホルモン』っていうのがあるらしい

人間は、いろいろなホルモンが分泌されて内臓臓器が機能している。

そんな、さまざまなホルモンの中に、『春ホルモン』というホルモンが存在するらしい…

教科書には載っていなかったネーミング(当たり前)に、ちょっとびっくりして調べてみた。

 

春が来ると、みんな朗らかになる。

お散歩したり、スポーツしたり、お出かけをしたくなる。

とにかく、気持ちが軽く、明るくなりますよね。

実は、この気持ちは『春ホルモン』の働きによるものなのだそう。

この『春ホルモン』は、甲状腺刺激ホルモンの中に存在し、脳の下垂体から分泌されるホルモンだそう、、

日照時間を感知するこのホルモンは、それが刺激されて分泌が多くなることで、人間は『春が来た〜!』ということを感知するらしい。

 

なんと…!!

『春が来た!』と感じるのは、桜が咲いたり、気温が暖かくなったり、ただ視覚や温度感覚だけのものではなくて、

ホルモンが分泌されて『春が来た』と感じるものだったのね、、

 

確かに日が短い冬は、なんとなくやる気が起きなかったり、外出することとか、そもそもベッドから出ることとか、いろいろなことが億劫になりがち。

これは単に気温の問題かと思っていたけれど、日照時間で分泌量が左右される『春ホルモン』の分泌量が少ないから、というわけ。

別に自分が『できない、やれない』っていうわけじゃなくて、体の自然なサインだってこと。

 

そう考えると、人間ってとっても動物的だなぁ…と思った。

なんでもできる人間だけれど、地球をいろいろとカスタムしているけれど、

結局は地球に生かされているのだなぁ…と思った。

朝、日が昇って、夕方に日が落ちる。

春が来て、夏が来て、秋が来て、冬がくる。

これに順応するようにできている、人間の体。

なんでもできる人間だけど、結局は自然とか宇宙には勝てないのだね、、

身体に素直に生きることが、一番の自然。

 

 

…というわけで、冬場の二度寝は仕方がないということで…♡(笑)